シ テ ン の 置 き 方 が 、
生 き 方 を か え る 。

410

Interview Magazine / TAKE FREE VOL.5

SCROLL

らいおん建築事務所 代表 嶋田洋平

「410〔シテン〕」は、
心に軸を据えてまっすぐ暮らす人の生き方からシテン(支点・視点・始点)を見つけるフリーマガジンです。

5号目となる今回は、
株式会社ツクルバ
代表取締役CCO 中村真広 さん
を特集します。

2019年12月10日発行
サイズ  H406mm × W272mm
全12ページ フルカラー
無料

そのまんま
ナカムラ。

見えないものを、建てていく。

PROFILE

中村 真広Nakamura Masahiro

株式会社ツクルバ 代表取締役CCO(チーフ・コミュニティ・オフィサー)。1984年千葉県生まれ。2009年東京工業大学大学院建築学専攻修了。不動産デベロッパー、ミュージアムデザイン事務所、環境系NPOを経て2011年ツクルバを村上浩輝と共同創業。愛称はまーさん、まーくん。「何でもやってみる反面飽きっぽい」と自他共に認める。取材時にハマっていたのはシーシャ(水タバコ)。







株式会社ツクルバ

「場の発明を通じて欲しい未来をつくる」をミッションに、建築・不動産・テクノロジーを掛け合わせた場のデザインを行っている。2019年7月東証マザーズ上場。

co-ba shibuya

株式会社ツクルバが運営する、シェアードワークプレイス「co-ba(コーバ)」。なかでもco-ba shibuyaは多様なチャレンジやコラボレーションを育むコミュニティづくりに注力している。

CONCEPT

シテンの置き方が、生き方をかえる。

シテンの置き方が、
生き方をかえる。

支点。それは自分自身との、
もしくは、ほかの誰かとの調和。
視点。それはモノゴトの捉え方。
始点。それは何かのはじまり。

人はシテンの置き方で、
生き方をかえることができる。

世界には、いろんな人がいて、
いろんな考えや価値観がある。
何を見聞きし、どう受け取るか、
どんな仲間とつながるか、
どうやって社会と関わるか。

多くのモノやコトにふれるなかで、少しずつ
自分のモノサシを探し当てていけばいいと思う。
焦らずに。じっくりと。

心に軸を据えてまっすぐ暮らす。
そんな人々をご紹介することで、
あなただけのシテンを見つける
お手伝いをしていきたいと思います。

410をはじめた理由

配布先

東海

関西

INSTAGRAM・FACEBOOK[@410magazine]

最新号の記事や、紙面には掲載されていないサブカットなど毎週金曜日に更新!

お問い合わせ先

INSTAGRAM(410magazine)のメッセージ、
もしくはMAIL(410magazine@unsn.co.jp)にてお問い合わせください。

発行人

私たちユニソンは、この紙面を通じて、同じ価値観をもつ仲間がつながりあい、 助けあい、刺激しあっていく。
「410(シテン)」が、そんなキッカケになることを願っています。