SCROLL

リビルディングセンタージャパンの東野唯史さん&東野華南子さん

「410〔シテン〕」は、
心に軸を据えてまっすぐ暮らす人の生き方からシテン(支点・視点・始点)を見つけるフリーマガジンです。

2号目となる今回は、
しぜんの国保育園 理事長/作曲家
齋藤紘良 さん
町田 しぜんの国保育園 園長
齋藤美和 さん
を特集します。

2019年1月10日発行
サイズ  H406mm × W272mm
全12ページ フルカラー
無料

選んだものも、与えられたものも。
ぜんぶと本気で向き合う。

選んだものも、与えられたものも。ぜんぶと本気で向き合う。

PROFILE

齋藤 紘良Koryo Saito

しぜんの国保育園理事長。作曲家。表現と自然現象、そして食を基盤とした保育実践を行っている。映像番組への楽曲提供や様々な場所でのワークショップ、他ジャンルのアーティストとのコラボレーションを行う。子どもと大人を文化でつなぐレーベル saitocno や齋藤紘良&ミラージュ楽団などを主宰、チルドレンミュージックバンド COINN メンバー、季刊誌 BALLAD をプロデュース。

齋藤 美和Miwa Saito

町田 しぜんの国保育園 園長。書籍や雑誌の編集、執筆の仕事を経て、2005年よりしぜんの国保育園で働きはじめる。2017年副園長、2018年10月に園長に就任。齋藤紘良とのユニット saitocno で、伝承文化を大切にしたミニマガジン BALLAD の発行、CDのリリース、イベントなどを行う。2015年には初の翻訳絵本『自然のとびら』(アノニマスタジオ)を発表。

http://www.saitocno.com/

しぜんの国保育園

社会福祉法人東香会が運営する保育園。「こどもとおとなが 自然にかかわり合う むかしからある あたらしい保育園」をコンセプトに、 1979年に最初の保育園となる、町田しぜんの国保育園が開園。2014年には新園舎“small village”が完成。2018年渋谷駅からほど近い場所に“small alley”と名付けられた「渋谷東しぜんの国こども園」が開園。2019年春には上町に「上町しぜんの国保育園」の開園が予定されている。

  • 町田しぜんの国保育園 – small village –
    〒194-0035 東京都町田市忠生2丁目5番地3
  • 渋谷東しぜんの国こども園 – small alley-
    〒150-0011 東京都渋谷区東1丁目29−1 渋谷ブリッジA棟

CONCEPT

シテンの置き方が、生き方をかえる。

シテンの置き方が、
生き方をかえる。

支点。それは自分自身との、
もしくは、ほかの誰かとの調和。
視点。それはモノゴトの捉え方。
始点。それは何かのはじまり。

人はシテンの置き方で、
生き方をかえることができる。

世界には、いろんな人がいて、
いろんな考えや価値観がある。
何を見聞きし、どう受け取るか、
どんな仲間とつながるか、
どうやって社会と関わるか。

多くのモノやコトにふれるなかで、少しずつ
自分のモノサシを探し当てていけばいいと思う。
焦らずに。じっくりと。

心に軸を据えてまっすぐ暮らす。
そんな人々をご紹介することで、
あなただけのシテンを見つける
お手伝いをしていきたいと思います。

ARCHIVES

VOL.02

VOL.02

しぜんの国保育園 理事長/作曲家
齋藤紘良 さん
町田 しぜんの国保育園 園長
齋藤美和 さん

配布先最新情報は、INSTAGRAMをご覧ください。現在、ご協力いただける店舗を募集中です。

お問い合わせ先

INSTAGRAM(410magazine)のメッセージ、
もしくはMAIL(410magazine@unsn.co.jp)にてお問い合わせください。

発行人

私たちユニソンは、この紙面を通じて、同じ価値観をもつ仲間がつながりあい、 助けあい、刺激しあっていく。
「410(シテン)」が、そんなキッカケになることを願っています。