Instagram

シ テ ン の 置 き 方 が 、
生 き 方 を か え る 。

410

「410〔シテン〕」9/10 新創刊。

SCROLL

リビルディングセンタージャパンの東野唯史さん&東野華南子さん

「410〔シテン〕」は、
心に軸を据えてまっすぐ暮らす人の生き方からシテン(支点・視点・始点)を見つけるフリーマガジンです。

創刊号となる今回は、
リビルディングセンタージャパン
東野唯史さん&東野華南子さん

を特集します。

2018年9月10日発行
サイズ  H406mm × W272mm
全12ページ フルカラー
無料

“世の中のために、自分たちのできることを”
ポートランドで見つけた未来と僕らの暮らし方

REBUILDING CENTER JAPANTADAFUMI AZUNO & KANAKO AZUNO&東野華南子さん

PROFILE

東野 唯史Tadafumi Azuno

1984年生まれ。大阪、兵庫、福岡、名古屋、東京と転々と移り住む。名古屋市立大学芸術工学部卒。展示会のブースデザインを手がける企業に就職後、5年で独立。2014年、妻の華南子と空間デザインユニットmedicalaを設立。2016年、リビルディングセンタージャパン設立。

東野 華南子Kanako Azuno

1986年埼玉生まれ。北京、上海、ロンドン、東京の転々育ち。中央大学文学部卒業。カフェの店長とゲストハウスの女将を経験し、2014年にmedicalaへ参加。現在はリビルディングセンタージャパンにあるカフェやイベントを中心に運営。家と畑とインコとの生活を夢見ています。

リビルディングセンタージャパン
ReBuilding Center JAPAN

解体される古い建物から古材や建具をレスキューし、販売するリサイクルショップ。約1000㎡のビルに古材売り場、工房、デザイン事務所、カフェを併設。「Rebulid New Culture」をコンセプトに、次の世代に繋いでいきたいモノや文化を掬い上げ、再構築し、楽しくたくましく生きていくこれからの景色をデザインしています。2016年秋オープン。
〒392-0024 長野県諏訪市小和田3-8 TEL 0266-78-8967
営業時間 cafe/11:00~18:00 古材/11:00~18:00(水曜・木曜定休)

CONCEPT

シテンの置き方が、生き方をかえる。

シテンの置き方が、
生き方をかえる。

支点。それは自分自身との、
もしくは、ほかの誰かとの調和。
視点。それはモノゴトの捉え方。
始点。それは何かのはじまり。

人はシテンの置き方で、
生き方をかえることができる。

世界には、いろんな人がいて、
いろんな考えや価値観がある。
何を見聞きし、どう受け取るか、
どんな仲間とつながるか、
どうやって社会と関わるか。

多くのモノやコトにふれるなかで、少しずつ
自分のモノサシを探し当てていけばいいと思う。
焦らずに。じっくりと。

心に軸を据えてまっすぐ暮らす。
そんな人々をご紹介することで、
あなただけのシテンを見つける
お手伝いをしていきたいと思います。

お問い合わせ先

INSTAGRAM(410magazine)のメッセージ、
もしくはMAIL(410magazine@unsn.co.jp)にてお問い合わせください。

発行人

私たちユニソンは、この紙面を通じて、同じ価値観をもつ仲間がつながりあい、 助けあい、刺激しあっていく。
「410(シテン)」が、そんなキッカケになることを願っています。