yougohead.gif

btn_a.gifclear.pngbtn_ka.gifclear.pngbtn_sa.gifclear.pngbtn_ta.gifclear.pngbtn_na.gifclear.pngbtn_ha.gifclear.pngbtn_ma.gifclear.pngbtn_ya.gif

ガーデン用語辞典ま〜も

list_square.gif枕木《まくらぎ》

鉄道の線路の下に等間隔に敷かれた木材で、現在は多くがコンクリート製。
コールタールが染み込んだ独特の深い色合いが人気で、花壇の仕切りやデッキテラスなど園芸資材として使われている。

list_square.gif間引き《まびき》

苗の発育を促すため、密植している場所の苗を適当な間隔をもって取り除くこと。

list_square.gifマルチング

植物の保護や地温・水分保持のために、株元にワラやビニールを敷いて土を覆うこと。

list_square.gif実生《みしょう》

タネから発芽して育った植物のこと。

list_square.gif水苔《みずごけ》

湿地に生える蘚類を乾燥したもので、ランの植え込みやハンギングバスケット、保水性に富むため鉢土の乾燥防止にマルチング材として利用することもある。

list_square.gif水しろ《みずしろ》

鉢土全体に水を浸透させるための空間。
鉢植えに水を与える際、縁ぎりぎりまで用土が入っていると、土とともに外に溢れて鉢土全体に水が浸透しないため、縁から2~3センチほど表土を下げる。(→ウォータースペース)

list_square.gif芽かき《めかき》

花や果実に十分な栄養が行くように、余分に出ている芽を取り除くこと。

list_square.gif目土《めつち》

芝生にまく土(砂)のことで、芝生の発根が促され新芽が伸びやすくなる。

list_square.gif木酢液《もくさくえき》

木炭を作る過程で出る煙から採取した液体で、植物の生育を促す効果のほか、殺菌作用も強いため土壌改良にも使われる。
病害虫には直接的効果はないが、農薬や肥料の効き目を高める役割をする。

list_square.gif木質化《もくしつか》

草花の茎が長年育てていくうちに硬くなり木のようになること。木化ともいう。

list_square.gif元肥《もとごえ》

植物を植えつける前に土に施しておく肥料のこと。

prepage.gif

nextpage.gif

私+庭。

暮らしの「好き!」を考えるサイト
column_bnr.JPG
2014年10月31日リニューアル!


施工例

menu_sekourei.gif
menu_gexplan2.gif


ユニソンブログ

menu_blogsekou.jpg
menu_bloggarden.jpg


辞書・用語集

clear.png
bnr_jiten.psd
clear.png
yougohead.psd