ls2017_headimg_01.png

TOP > ランドスケープ > もしもの時に備えるまち

もしものときに 備えるまち

sonaeru_04.png

3.11 東日本大震災から6年。
人々の防災意識はますます高まり、被害を最小限に抑えるための対策が重点的に見直されています。
特に歩道には、災害時の避難をスムーズにし、安全な場所に誘導するためのアイテムが欠かせません。

被害を最小限に抑えるロッキング機能付き舗装材

■ロッキング機能により舗装面を一体化

強固なロッキング機能により、地震による液状化現象や地盤沈下等、
災害時の路盤の軟弱化に伴う不陸を抑制し、安全に歩行することができます。

sonaeru_08.png

sonaeru_12.png



sonaeru_15.png
sonaeru_19.png
sonaeru_22.png
sonaeru_24.png

液状化・地盤沈下への対応検証実験

液状化や地盤沈下により、路盤のサンドクッション層や舗装材の目地砂が流出した状況を再現し、
上部からの荷重に対して、ロッキング機能の効果を検証しました。

sonaeru_28.png

災害時に役立つ避難誘導アイテム


太陽光で発電するソーラーライト。

sonaeru_38.png

sonaeru_42.png sonaeru_44.png

sonaeru_35.png

災害時の誘導や
救援工具等を
収納できる案内板。



sonaeru_47.png

sonaeru_32.png