landscape2016_3_01.jpg

TOP > 景観エクステリア事業 > 安心・安全なまちづくり

安心・安全なまちづくり

public2014_anshin_04.jpg毎日の暮らしの基本は、安心・安全です。
子どもからお年寄りまで、すべての人にとって快適な生活環境を
実現するには、ユニバーサルな発想によるまちづくりが必要です。
人間工学に基づき、誰もが安心して歩くことができる舗装材や
ブロックの沈下やズレを抑制する補強プレートなどで
しっかりとサポートしていきます。

public2016_anshin_07.jpg

お年寄りも子どもも安心して歩くことができる。

public2014_anshin_29.pngpublic2014_anshin_29.png

■溝幅が同じなので目地段差が軽減されます

目地幅と表面意匠の溝を同じにすることで、車イスやベビーカーなどで
感じる不快な振動・衝撃を軽減します。
また、ロッキング機能により面構造となるため、施工後の経年変化による
目地段差及び不陸を抑制します。

16.04.01_006.jpg

public2016_anshin_34.png

■振動測定試験比較結果(滋賀県立大学共同調査)

【評価方法】 車イスの前輪上部に振動センサーを取り付け、振動波形を測定し評価した。

public2016_anshin_38.png

16.04.01_028.jpg