1.センサ付ポールライトの開発の経緯を教えて下さい。

“人らしさ”をカタチに。

エクステリアを考えるとき、なかなか注目されないのが照明。

アプローチの素材や、ポストのデザインにはこだわっても「照明は合うものを選んでおいて」と設計の方へ依頼される施主様が多いとよく耳にします。

以前、設計の方からは「ライトに個性を求めていない」と言われたこともあるくらいで、
照明は<夜の暗さに困らないように照らすだけのもの>と考えられていると感じていました。


もちろん、照らすことは大事ですが、そこに暮らす人が毎日行き交う場所にあるアイテムとして、
良いパートナーになれないかな
、と思ったのが開発の出発点です。


そこで考えたコンセプトは“ドアマン”。


控えめだけれど、疲れて帰ってきたときに「お帰りなさい」と温かく寄り添ってくれる存在。

そんな“人らしい”照明がある暮らしって素敵だなと思い、カタチにしていきました。

butaiura1124_person_01.png

butaiura1124_point.png エコルトポールライト 温度感知(人感)センサ付 機能編

2.どんな方に使ってほしいですか?

夜の演出を諦めていた方にも。

複数のライトをセンサに反応させることができるため、
センサ付ポールライトを1つ用意するだけで「光の演出」が可能に。

とことんコンパクトにして本体を目立ちにくくしたので、複数設置してもすっきりまとまります。

あまりスペースがないという方にも、まずはライトアップから庭を楽しんでいただけたらと思います。


また、気軽に取り入れていただきやすいよう、必要なものが揃ったお得なセット商品もご用意しました。

※センサに反応させたい照明をセンサ付ポールライトと渡り配線で接続していただくことが必要です。

butaiura1124_person_02.png

butaiura1124_column.png エコルト門まわりセットA エコルト門まわりセットB エコルトアプローチセット_type1 エコルトアプローチセット_type2

butaiura1124_column_image.png

植栽や壁面をピンポイントで照らせる
スポットライトにもこだわりました。

2~3m程度の中木を照らせる程のハイパワーながら、
サイズは限りなくコンパクトに。

省スペースで、光の演出をより楽しんでいただけます。

3.照明の可能性、まだまだ広がりそうですね!

「ちょっと嬉しい」ライトを目指しています。

カタチや色といった見かけだけでなく、「光る」「消える」という動きがある照明だからこそ
人の行動や気持ちを動かすこともできると思います。

「暮らしをデザインする」というと大げさかもしれませんが、
目指しているのは暮らしに寄り添う「ちょっと嬉しくなる」ライト。


butaiura1124_answer_image_01.png

例えば、ウォールライトは一家に1つの場合が多いですが、
あえて複数設置することで、光が灯った時にぐっと特別感が高まります。

そんな風に照明ならではの演出や暮らしをご提案していき、
インテリアにこだわるように「これが私らしい!」と選んでいただけるように育てたいです!



そのために大切なのは「共感」いただくこと。

こんな暮らしっていいな、と感じていただく風景の中に、あかりが優しく寄り添っている。

そんなシーンをつくっていきたいですね!

butaiura1124_person_03.png