ユニソン ランドスケープ商品総合カタログ2017
214/266

212212施工手順 (1セットごとの施工を推奨)[ 準備する材料・用具 ]・本材(ユニメジ)・珪砂(5号、6号)※ 6号よりも粒子の細かい珪砂をご使用いただくと硬化しない場合があります。※ 川砂の使用も可能ですが、水分が含まれている物の使用は避けて下さい。※海砂の使用は避けて下さい。舗装材周辺商品[ 梱包形態 ]1箱(2セット入り)Ⓐ硬化剤(100cc)×2本Ⓑ主剤(200cc)×2本(250cc容器に200cc入っています)[ ユニメジと珪砂の配合比率 ]ユニメジ1箱(2セット):珪砂20kg[ 標準施工面積 ]商品名ユニメジ1箱当りの施工可能面積バレリア[ai]約16m2カッシア[ai]、アッピア[ai]約6m2フラミア[ai]約3m2ティーナ[ai]約20m2※施工可能面積は、施工状況により異なります。特 徴● 砂に混ぜて目地に掃き込むだけで、あとは自然に硬化し、雨風による砂の流出が珪砂に比べて抑制されます。現場作業をスピーディーにするため、小分けボトルの使いきりタイプとしました。面倒な樹脂剤の計量がなくなり、計量ミスも起きないため、施工品質が安定します。これらの優れた機能性により、作業を軽減し、ローコスト施工を実現しています。目地砂用固定剤ユニメジ ●目地に掃き込む砂に混ぜることで、硬化を促し、砂の流出を防ぎます。●便利な小分けボトルに入った使いきりタイプです。●作業を軽減し、ローコスト施工を実現します。●目地幅3mmを超え10mm未満の舗装材の目地砂としてご使用下さい。販売単位:1箱重  量 :0.8kg/箱②ハンドミキサーでよく攪拌して下さい。③ 次に、Ⓑ主剤(200cc)1本を混入して下さい。※ 硬化不良の原因になりますので、必ずⒶ硬化剤、Ⓑ主剤の順に混入して下さい。④再度5分程度、よく攪拌して下さい。※ 容器の底や隅が攪拌不足になりやすいので注意して下さい。⑤ 舗装材の上に撒き、ホウキ等で目地部分に掃き込んで下さい。目地詰めはコンパクター転圧と並行して行って下さい。※ 目地砂の締め固めが不十分ですと、硬化不良の原因になりますのでご注意下さい。締め固めが不十分になりやすい箇所は、目地コテ等を使用し目地押さえを十分に行って下さい。⑥ 施工後約12時間は雨等を避けて養生して下さい。車等の乗り入れは約24時間は避けて下さい。① 10kgの珪砂を容器に入れ、先に Ⓐ硬化剤(100cc)1本を混入して下さい。注意点●使用について・ 目地砂の流出抑制を目的とした目地砂用固定剤ですので、目地モルタルに代用しないで下さい。・ 目地自体に直接負荷がかかるような部分にはご使用いただけませんのでご注意下さい。・風通しのよい場所で使用して下さい。・ 強度のない下地は目地割れの原因になりますので、舗装材を敷く際は十分に転圧を掛けて施工して下さい。・ ユニメジと珪砂は十分に攪拌し、ユニメジが珪砂全体になじんでから施工して下さい。・ユニメジと珪砂を攪拌後、1時間以内に施工を完了させて下さい。・ 舗装材または下地が水分を含んでいる状態での施工は、硬化不良を起こすおそれがありますので避けて下さい。・ 砂に水分が含まれていると硬化不良を起こすおそれがありますので、必ず乾燥した砂をご使用下さい。・ 気温が5℃以下および40℃以上の場合には硬化不良を起こすおそれがありますので施工は避けて下さい。・ 施工後12時間以内(硬化するまで)は雨などの水分が当たらないようにご注意下さい。・ 施工後24時間以内(完全硬化するまで)は車などの重量物が乗り入れないように養生して下さい。・ 冬場の施工においては霜などのおそれがありますので、施工後はシート等で養生して下さい。・冬場の施工においては硬化時間が長くなります。●保管について・ 直射日光の当たる場所、気温が0℃以下および40℃以上での保管は避けて下さい。・ 開封された商品を再度ご使用すると硬化不良を起こすおそれがありますので、原則使い切りをお願いいたします。Paving ToolsⒷ主剤Ⓐ硬化剤・攪拌用バケツ・計量器・ハンドミキサー・ホウキ、ブラシ・コンパクター嵌かん合ごう舗装材コンクリート舗装材緑化舗装材その他舗装材擬 石縁石・皿形・階段植栽枡・土留め花壇ブロック景観商品案内板舗装材周辺商品

元のページ 

page 214

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です