ユニソン ランドスケープ商品総合カタログ2017
218/266

216216ユニモル ● 「建築工事標準仕様書・同解説(JASS7)」によって定められた配合を満たした、安全性の高い『ブロック組積用の目地モルタル』です。● プレミックスタイプなので、現場調合に比べ品質のバラつきがなく、優れた強度と安定性を確保できます。● 混和剤を配合しており、ドライアウト現象や白華現象の発生を抑制します。● 色付きなので、ブロックのカラーに合わせた カラーコーディネートが可能です。組積材周辺商品プレミックス組積用目地モルタルレンガ積み兼用化粧目地材ブリックモルタル  〈製造元:二瀬窯業(株)〉● レンガ積みと目地仕上げが同時にでき、さらにチューブ施工用の化粧目地仕上げができる兼用モルタルです。● プレミックスタイプなので、現場調合に比べ品質のバラつきがなく、優れた強度と安定性を確保できます。注意点●使用について・ 強い直射日光、降雨、降雪等を受けるおそれがある場合は、シートを張り、養生して下さい。・商品に使用する水は、水道水等の清水を使用して下さい。・気温が3℃以下になる場合は、施工を避けて下さい。●保管について・開封後の材料は使い切って下さい。・ 商品の保管、在庫はセメント同様の取り扱いとし、床面より離して湿気の少ない場所に保管して下さい。施工手順①練り混ぜ1回の練り量は、夏季40分、冬季60分以内に使い切る量とし、所定量の水を徐々に加えながらハンドミキサー等で十分練り混ぜて下さい。また、本品の練り足し及び水を加えての練り戻しは避けて下さい。②目地詰め目地詰めは、下地の状態を確認後、モルタルパック・目地ゴテによる一本目地で行って下さい。すき間や充填不足がないように、十分に塗り込むか、押さえ込んで下さい。③仕上げ目地詰め後、硬化を見計らいながら余分な目地を取り除き、ササラホウキ・ワイヤブラシ・コテ等で意匠に合わせた目地切り、目地押さえを行って下さい。施工手順①練り混ぜ1回の練り量は、40分以内に使い切る量とし、所定量の水を徐々に加えながらハンドミキサー等で十分練り混ぜて下さい。また、本品の練り足し及び水を加えての練り戻しは避けて下さい。②組積縦目地および横目地ともに、接着面全面にすき間が生じないように組積して下さい。③仕上げ目地詰め後、硬化を見計らいながら、余分な目地を取り除き、ササラホウキ・ワイヤブラシ・コテ等で意匠に合わせた目地切り、目地押さえを行って下さい。[ 標準仕様 ]商品名用途目地幅混水量積・張面積ブリックモルタル25kg/袋積み使用10mm約2.6ℓ/袋約0.5m2/袋 ※1化粧目地使用約3.0ℓ/袋約3m2/袋 ※2※1 積み面積は、長さ210mm×幅100mm×高さ60mmのレンガで目地を設けた場合の値です。※2 張面積は、二丁掛けで深さ15mmの目地を設けた場合の値です。[ 標準仕様 ]商品名用途目地幅混水量積面積ユニモル25kg/袋ブロック組積用目地モルタル10mm2.6~3.0ℓ/袋約1.7m2/袋 ※1約2.5m2/袋 ※2※1 長さ390mm×高さ190mmまたは長さ400mm×高さ190mmの隠し目地形状ブロックで縦目地、横目地を設けた場合の値です。※2 長さ400mm×高さ190mmのブロックで横目地を設けた場合の値です。淡黄色(DS-01)白茶色(DS-02)薄茶色(DS-04)白色(DS-07)灰色(DS-08)販売単位:1袋重量:25.0kg/袋販売単位:1袋重量:25.0kg/袋薄茶色薄灰色濃灰色Walling ToolsColor variationColor variation嵌かん合ごう舗装材コンクリート舗装材緑化舗装材その他舗装材擬 石縁石・皿形・階段植栽枡・土留め花壇ブロック景観商品案内板組積材周辺商品

元のページ 

page 218

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です