ユニソン ランドスケープ商品総合カタログ2017
219/266

217217NSハイフレックスHF-1000  〈製造元:日本化成(株)〉● 塗り継ぎモルタルの下地に対する吸水を調整し、セメントの水和反応を十分に発現させて、接着力を向上させます。● セメントとの馴染みがよいので、コンクリート下地の乾湿にあまり影響されずに施工が できます。● 耐水性、耐アルカリ性に優れているので、 長期間安定した接着力を保持します。● エマルジョン系溶剤なので取り扱いが 簡単です。※NSハイフレックスHF-1000はお近くの建材店でもお求めになれます。※NSハイフレックスHF-1000はモルタル混和剤としても ご使用いただけます。下地処理剤〈プライマー〉[ 標準仕様 ]商品名適用下地希釈割合HF-1000:清水塗面積NSハイフレックスHF-100018kg/缶コンクリート・モルタル下地(壁)1:4(5倍液)600m2/缶コンクリート・モルタル下地(床)450m2/缶ブロック・ALCパネル下地225m2/缶(2回塗り)販売単位:1缶容量:18kg/缶注意点●使用について・ NSハイフレックスHF-1000がサッシ等に付着した場合は、すぐ水で濡らした布で拭き取って下さい。・ 強い直射日光、風雨等を受けるおそれがある場合は、シートを張り、養生して下さい。・商品に使用する水は、水道水等の清水を使用して下さい。・気温が3℃以下になる場合は、施工を避けて下さい。・ 商品は製造年月日を確認し、6ヶ月以上経過したものは使用しないで下さい。施工手順①下地面の処理下地の脆弱層、レイタンス、塵埃などは接着効果を弱めますので入念に除去し、水洗いを行うなどの下地処理をして健全な下地状態として下さい。②希釈液の塗布[下地吸水調整剤]規定の希釈倍率に調整したNSハイフレックスHF-1000を、刷毛、ローラーまたはスプレーで下地面に均一に塗布して下さい。ALCパネル下地の場合は、希釈液を2回に分けて塗布して下さい。③モルタル塗り塗布、造膜後、所定のモルタルを塗り付けて下さい。造膜後の塵埃などの付着は接着力を阻害しますので、なるべく早い時期にモルタルを塗り付けて下さい。希釈液の塗布嵌かん合ごう舗装材コンクリート舗装材緑化舗装材その他舗装材擬 石縁石・皿形・階段植栽枡・土留め花壇ブロック景観商品案内板組積材周辺商品▲カタログ説明・商品の注意事項 ― P5

元のページ 

page 219

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です