ユニソン ランドスケープ商品総合カタログ2017
222/266

220220イシノールクリアコート・クリアコートスーパーウェットコート  〈製造元:紺商(株)〉● 優れた撥水性・吸水性防止効果により、水を起因としたトラブルから石を守ります。● 石の色、質感を損なうことなく、自然に仕上がります。不自然な光沢が出ることはありません。● 比較的吸水性の低い石材には〈クリアコート〉を、吸水性の高い石材には〈クリアコートスーパー〉をご使用下さい。● 〈ウェットコート〉は石の表面を深みある濃色・濡れ色に仕上げます。 また黒系の石材の表面にできた細かいすりキズを目立たなくします。メンテナンス商品MaintenanceTools石材用浸透性吸水防止剤施工手順①予備テストサンプル板等で下記方法に従って塗布し、色調等の確認を行い、塗布施工が可能かどうか石材の状態確認をして下さい。②前処理イシクリーンスーパーSP(P221)で石材の汚れを除去し、石材を十分に乾燥させて下さい。③塗布原液をきれいな刷毛、ウエス等で均一に塗布して下さい。2回に分けて塗布しますので、標準塗布量を参照して、塗布量の半量を目安にして下さい。※ ウェットコートは、石材に塗布する前に、ウエス等で目地に塗布して下さい。また、通常15~20分後に溶剤が揮発して粘性のある樹脂が残りますが、5分程度で揮発する場合は、塗布量が少ないので再度塗布して下さい。④拭き取り塗布後20~30分程経過したら、乾いたきれいなウエスで表面に残った樹脂を拭き取ります。※ クリアコートスーパーで吸水性の高い石材へ塗布した場合は拭き取りは行いません。※ 拭き取りは角度を変えて見ながら、油分が残らないように十分に行って下さい。⑤再塗布、拭き取り③~④の方法で、再度均一に塗布し、拭き取りを行って下さい。[ 吸水防止剤選定表]石種クリアコ─トクリアコ─トス─パ─大理石〇─石英岩〇─石灰岩─〇砂岩─〇玄武岩〇─安山岩〇─花崗岩〇─注意点●使用について・ ご使用に関しては、施工書を必ずお読み下さい(資料がございますのでお問い合わせ下さい)。・ 塗布量は、石材の種類、吸水性により異なります。必ず予備テストを行い塗布量を決めて下さい。・雨天時には色ムラの原因になりますので、施工しないで下さい。・気温が5℃以下又は25℃以上になる場合は、施工を避けて下さい。・ 色ムラの原因になりますので、石材を十分に乾燥させてから施工して下さい。・ 裏面や側面に使用されますと、セメントモルタルやコーキング材との接着効果を弱めますので、表面以外での使用は避けて下さい。・他の溶剤と混合せず、必ず原液を使用して下さい。・ 塗布後6時間は水がかからないようにして下さい。また、一般歩行も避けて下さい。・ 安全な取り扱いについての詳細は、製品安全データシート(MSDS)をご用意していますのでお問い合わせ下さい。●保管について・危険物に該当しますので、火気には十分に注意して下さい。●耐久性について・ 処理後、初期効果として水を球状に弾きます。 クリアコート・クリアコートスーパー・ウェットコートは石材に浸透した浸透層で効果を発揮するもので、球状の弾きが無くなったからといっても、吸水防止効果が無くなった訳ではありません。クリアコート容量:4ℓ/缶(液体)標準塗布量:1缶で40~60m2塗布できます。● 花崗岩、安山岩等の比較的吸水性の低い石材にご使用下さい。クリアコートスーパー容量:4ℓ/缶(液体)標準塗布量:1缶で20~40m2塗布できます。●大理石、砂岩等の吸水性の高い石材にご使用下さい。ウェットコート(濡れ色仕上げ)■容量:4ℓ/缶(液体)標準塗布量:1缶で40~60m2塗布できます。■容量:16ℓ/缶(液体)標準塗布量:1缶で160~240m2塗布できます。● 濃色・濡れ色にしたい場合や、黒系の石材にご使用下さい。嵌かん合ごう舗装材コンクリート舗装材緑化舗装材その他舗装材擬 石縁石・皿形・階段植栽枡・土留め花壇ブロック景観商品案内板メンテナンス商品

元のページ 

page 222

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です