パッシブデザイン事業エクステリア発想の パッシブデザインをはじめました。ユニソンは、光や風など、自然からもたらされるエネルギーを上手に採り入れ、 エクステリアから住空間まで、どこにいても快適さを感じることができる環境づくりを通じて 心地良い暮らしの実現をめざしてきました。 断熱や蓄熱、そして創熱まで、さまざまな自然の可能性を信じて、 パッシブ商品の研究・開発をし、新たな時代の住宅づくりに貢献していきます。

 パッシブデザインとは?

〈パッシブデザインの定義〉

建物のあり方に工夫して、建物の周りにある自然エネルギー(太陽、風、地熱)を最大限に活用・調節できるようにし、
高い質の室内環境を実現させながら、省エネルギーに寄与しようとする、建物設計の考え方とその実際的手法。

一般社団法人パッシブ協議会『パッシブデザイン講義』より抜粋

passive_15.png

 ユニソンが目指すことって?

 ユニソンが目指すことって?

エクステリア発想のパッシブデザイン

心地良い熱の伝わり方である「放射」や、熱や冷気を効率よく貯めて放出する「蓄熱」、「蓄冷」
屋外から室内へとつながる空間の温熱環境を整える「エクステリア」の観点で住宅の【温熱環境】を質の高いものにし、
夏に涼しく、冬に暖かい快適な住環境を実現します。

passive_29.png

passive_34.png

 どうやって実現するの?
 室内に貯めた熱が隙間から逃げてしまったり、
 外気温に室内の環境が左右されてしまっては、元も子もありません。

 質の高い【温熱環境】のためには、大前提として、
 住宅の壁や窓、床、天井といった
『外皮』の性能を整えることが重要になります。

passive_42.png

passive_3_06.png

 具体的にどうしたらいいの?

passive_60.png

passive_3_10.png

ユニソンがご提案したいのは、
住宅にあった外皮性能の整え方。

地域や季節、住まい方も含めた視点で
住宅の温熱環境を考えることが、
健康で快適な住まいの実現には大切です。

また、快適性を「見える化」し、
根拠ある設計を行うことで、
設備コストの削減や、ランニングコストの
把握にもつながります。

そのために必要な一連のプロセスをトータルに
ご協力いたします。

passive_3_14.png

 もっと詳しく! 資料請求 もっと詳しく! 資料請求

イベント情報

Coming soon・・・