UNISON

ハイエンドブロック「SFシリーズ」

TOUGHTO

連続フェンス塀に安心して使える
ハイエンドブロック

SFシリーズ

安心・安全「SFシリーズ」

SFマークとは?

JISと日本建築学会規準に適合した、
安心・安全なアイテムを表すマークです。

このマークがついているアイテムを
「SFシリーズ」としています。

安心のPOINT1 耐力が大きいから、風に強い!

空洞部が大きいため、
フェンスの柱を設置した際も、
十分にモルタルを充填可能。

空洞部が大きいため、フェンスの柱を設置した際も、十分にモルタルを充填可能。

一般的なブロック(C種)に比べ
約1.3倍の圧縮強さを持つ
「D種」の品質をクリア。

一般的なブロック(C種)に比べ約1.3倍の圧縮強さを持つ「D種」の品質をクリア。

静的加力試験により、風速40m/sの風にも耐えられる強さを確認。
安心して連続フェンス塀に利用できます。

静的加力試験とは?

試験方法

目隠しH1200フェンス用のアルミ柱を用い、横から加力する試験を第三者機関にて実施。

※試験時は「タフト」を使用。

▲試験の様子を動画でご覧いただけます。

試験結果

高さ1.6mの連続フェンス塀として使用した場合に、風速40m/s相当の荷重に耐えられることを確認。

 

高さ1.6mの連続フェンス塀として使用した場合に、風速40m/s相当の荷重に耐えられることを確認。

 
グラフは静的加力試験(風荷重を想定した破壊試験)の結果です。
フェンス中央(荷重重心)の載荷点の変位(そり)と荷重を表しています。
 

※高さ1,200mm、柱ピッチ2,000mmのフェンスが取り付けられた連続フェンス塀を想定した試験結果です。
※試験に使用した柱は、耐風圧強度が風速34m/s相当のアルミ柱です。

安心のPOINT2 JⅠSと日本建築学会規準に適合

正味厚さが150mmであることに加え、壁式構造配筋指針(日本建築学会編)で定める設計かぶり厚さ(35mm)を十分に確保できます。

 


控壁を築造する際も、
設計かぶり厚さを
確保しているから安心!!

 

赤色=SFシリーズの規格値
青色=「壁式構造配筋指針(日本建築学会編)」の規格値

シリーズ商品のラインナップ

■N150W

N150W

グレー

グレー

■N150W

■N150W

グレー

グレー

ブラウン

ブラウン

もっと安全に施工するには!

ブロック縦目地専用薄塗りモルタル
タフメジ®

 
ブロックの縦目地部分へモルタルの塗布を確実に行える、プレミックスタイプの薄塗りモルタル。
チューブ形状で、誰でも簡単に施工ができます。
 
▶ タフメジの商品情報はコチラ

タフメジ