UNISON

フォトコンテスト受賞作品PHOTO Contest

2021年入賞作品

商業施設

パブリック

部門別優秀賞

評価ポイント

建築家・伊礼氏より

建築家・伊礼氏より

病院なのに、まるで大型商業施設のような楽しそうな外観、五感を刺激するような外構のあり方はコンセプトに書かれている「おもてなし」の精神が溢れているように思う。
病院建築の効率を優先した外部空間とは一線を画す。外部にも内部にも、「おもてなし」の精神はこれからの病院建築に不可欠なものになるのでは?と思う。

応募者の声

本建物は、病院様の新棟建設への並々ならぬ思い入れがあり、その思いをかたちにしていただいた施工者をはじめ、関係者様のお力添えいただいたおかげと思っております。
病院施設の一般的なイメージは、「無機質で殺風景」というあることが多いため、新棟建設では、「おもてなし」の精神を持った、「病院なのに居心地が良い」と感じる空間とすることをコンセプトし、何度も打合せを行いました。
外構に関しても、曲線を多用し、有機質なイメージをもたせ、心地よいと感じる空間演出を行いました。植栽はそれぞれの四季で花が咲くような樹種を選定し、前面道路と同じ樹種も取り入れ、敷地外からアプローチに一体感が感じられるようしました。来院者の不安が、水の音によるリラックス効果で、少しでもやわらげられるよう、建物入口付近に人工滝を設置しました。敷地内歩道部分には送迎車待ちの人や、歩行者が途中で休憩ができるようベンチの設置も行いました。舗装部分はベースとなる色のほか、部分的に色違いのインターロッキングをランダムにいれるなどの遊び心が感じられるデザインとしました。