UNISON

フォトコンテスト受賞作品PHOTO Contest

2019年入賞作品

集合住宅

最優秀賞

評価ポイント

建築家・伊礼氏より

建築家・伊礼氏より

集合住宅のアプローチを町へ解放し、樹形の美しい高木を控えなし(恐らく、地中杭と思われる)で配置している。隣のオーナー宅の庭に配慮し、緑の連鎖を仕掛けた。集合住宅であるからこそ、町へ寄与できる外構のあり方の好例として評価したい。

造園家・荻野氏より

造園家・荻野氏より

建物をセットバックし、ファサードに植栽スペースをたっぷりと設けられている点を評価しました。植栽スペースもアールで描かれ、有機的な印象を受けますし、樹木の入れ方が非常に上手だと感心しました。また、駐車場を脇に設け、車が正面から見えすぎないように配置されている点や、照明計画においても夜の庭の風景についても考えられていると感じました。

応募者の声

この度は、最優秀賞をいただきまして、ありがとうございます。
今回の計画では周辺にまだ自然が残る環境での賃貸計画であった為、今までの自然な街の印象を残したいと思い、自然素材・自然樹形の植栽を用いた外構計画になるように心掛けました。自然素材や樹木は工業化住宅の硬い印象を和らげてくれる効果もあると思いますので、今後も住まう人、周辺環境に寄与できる外構計画を目指していきたいと思います。