UNISON

フォトコンテスト受賞作品PHOTO Contest

2018年入賞作品

パブリック

入賞

評価ポイント

ガードレールを使用せず開放的な空間にしながら、車道、自転車帯、歩行者帯の棲み分けがしっかりと行われている。色褪せの少ない天然骨材の舗装材にすることで、長期的な視点で美観が考えられている。